とにかく仕組み化 ── 人の上に立ち続けるための思考法


とにかく仕組み化 ── 人の上に立ち続けるための思考法

☆発売1週間で15万部を突破。
★いま、もっとも注目のマネジメント法を教える著者の最新刊。
☆シリーズ90万部突破の『リーダーの仮面』『数値化の鬼』、待望の続編。
★今作は、組織でさらに上を目指すべき全ビジネスパーソンに伝える、「仕組み化」の話。

人の上に立つために必要なことは、何事も「仕組み」で解決する姿勢である。
8年で3500社以上が導入した「いま、もっとも人を成長させるマネジメント法」の識学。そのエッセンスの中から「人の上に立つべき人」に必要な思考法を紹介。
失敗が起こったり、会社の目標が未達だったときに、現場の人に向かって「頑張れ」という精神論しか言えないようでは、優秀なビジネスパーソンにはなれない。
ルールによって問題解決をはかり、いかなるときも「とにかく仕組み化」という口グセを自分自身に浸透させよう。

レビュー

アマックスさん:
カリスマ経営者と仕組み化された良い組織の関係性について考察した興味深い本。カリスマが先か、いい組織が先かの議論があり、その後もページをめくっていくのが楽しみ。

はなてんさん:
この本は三部作であり、一作目に惰性を感じさせないようにしっかり組み立てられている。華やかな魅力ではなく、本当に身につけるべきものを教えてくれる書籍。手元に置いて何度も読み返したい一冊。

まめ子さん:
ルールや仕組みの明文化の重要性について理解し、マネージャーになる人には明文化されていない慣習を明確にし、チームメンバーがモヤモヤしない環境を整えることを提案。残業なしテレワーク時代においても、きちんとしたルール化と仕組みづくりが求められると感じた。

じじじじじさん:
文章は非常に読みやすく、理解しやすい。しかし、今回は抽象的な内容が多く、ある程度の理解力が必要かもしれない。

fiximixifさん:
組織の在り方や本来の姿について分かりやすく、明瞭に説明されている。ただし、この内容を全員が理解し、組織内に浸透させることが重要であり、それが課題となる。

あとさん:
先人の知恵に触れることができる本であり、一部で真逆の意見もあるが、読みやすい一冊。

Amazonカスタマーさん:
経営者や管理職になる人に特におすすめの本。組織と個人の在り方やより良い組織を作り上げるための手引きが示されており、管理職研修などに活用できる内容となっている。全社員が同じ方向を向いて組織を発展させるために必要な書籍と感じた。


とにかく仕組み化 ── 人の上に立ち続けるための思考法

この本に関連する本