ぼくは愛を証明しようと思う。

ぼくは愛を証明しようと思う。


ぼくは愛を証明しようと思う。

「恋愛なんて、ただの確率のゲーム。正しい方法論があるんだ」。恋人に捨てられ、気になる女性には見向きもされない二十七歳の弁理士、渡辺正樹は、クライアントの永沢にそう告げられる。出会いのトライアスロン、会話のルーティン、ACSモデル。テクニックを学び非モテから脱した渡辺だが――。恋に不器用な男女を救う戦略的恋愛小説。

レビュー

・この本は恋愛ノウハウをストーリー形式で伝えており、わかりやすさがあり、一気に読み進めることができました。特に非モテの立場から共感できたこともあり、役に立つ内容だと感じました。

・恋愛テクニックを小説形式で紹介した本は珍しいですが、この本はストーリーが面白く、会話にテクニックが交えられていて自然でわかりやすかったです。

・自分が非モテの立場である人には刺さる内容だと感じました。ただし、小説としての評価は微妙で、タイトルとのギャップも感じました。

・この本はTwitterでオススメされて購入しました。主人公の真似はできないものの、起承転結が読みやすく、至極当然な内容を書いているため私にとって役立つ本でした。

・この本はありふれた恋愛ハウツー本であり、真新しさはありませんでした。また、主人公のスタート地点が違うため、本当の非モテには刺さらないと感じました。

・高学歴の非モテに特に向いている本であり、面白く読めると同時にノウハウとモチベーションの向上に役立つ内容です。

・男性には共感できる内容であり、少し自分がモテている錯覚に陥らせてくれるかもしれません。

・男性向けの本であり、PDCAの回し方を恋愛に応用する姿勢が参考になると感じました。女性の評価は気になるところです。

ぼくは愛を証明しようと思う。
ぼくは愛を証明しようと思う。