もっと言ってはいけない

もっと言ってはいけない


もっと言ってはいけない

この本は過去に新書大賞を受賞し、ベストセラーになった作品であることをお伝えしておきます。また、本書は分子遺伝学、脳科学、統計解析、人類学などの最新の知見を用いて、現代の人間社会に潜むタブーなテーマを探求しています。

本書では、日本人についての様々な問題が取り上げられています。日本人の3分の1が日本語を読めないという衝撃的な事実や、日本人が世界の先進国でトップクラスに位置する理由などが明らかにされています。さらに、日本人は古代のジェノサイドの果てに誕生したという歴史的背景や、海外で成功した日本人の知られざる秘密など、興味深い話題が多数あります。

また、本書は人種と知能の関係についても言及しています。国別の知能指数ランキングに基づいたデータを用いて、白人と黒人のIQの比較などが行われています。さらに、知能の低い国民が多いほどその国が混乱するという統計データや、男性の脳と女性の脳の違い、遺伝的に「うつ病」が多い東アジアの文化なども解説されています。

最後に、本書では社会の黙示についても取り上げられています。ネットやSNSが未来の希望を塞いでいるという指摘や、知識社会で生き抜くための知能のハードルが上昇中であること、高年収をもたらす性格や恋愛、結婚、老後に遺伝が影響していることなどが述べられています。また、言語が乏しいと保守化する傾向や、教育無償化が弱者を苦しめることも指摘されています。

レビュー

「前作との被りが多いため割高感があるが、人種別の知能指数を挿絵として欲しいという意見もある。」

「知能は遺伝による影響が80%であり、教育や環境による影響は限定的であることが指摘されている。一方、性格には遺伝率が50%あり、生涯にわたってスキルを伸ばせることから、人生のアウトカムとしては人間関係の豊かさに焦点を当てるべきだという考え方が示されている。」

「タブー視されがちな内容だが、納得させられる点が多く、面白かったと評価する声がある。」

「本書で言われることは、結局は遺伝に尽きるという指摘がされている。努力も大事だが、遺伝には勝てないことが示唆されており、自らを知ることがより強く、しなやかに生きていく指針になると思うという意見がある。」

「知能だけでなく、芸術センスや運動神経も遺伝することから、人種ごとの特性について考察がなされている。また、タブー視されがちな点についても、納得させられることが多く、面白かったという声がある。」

「知能の遺伝率が80%であることが指摘され、教育や環境による影響は限定的であることが示されている。一方で、性格の遺伝率は50%であり、生涯にわたってスキルを伸ばせることから、人生のアウトカムとしては人間関係の豊かさに焦点を当てるべきだという考え方が示されている。」

もっと言ってはいけない
もっと言ってはいけない