イノベーションのジレンマ


イノベーションのジレンマ

「現代の古典」として米国の経営手法に革命を起こした書籍が、増補改訂版として刊行されました。日本版の刊行20周年を記念して、カバーが新装されましたが、内容は変更されていません(2021年10月追記)。

この本は「偉大な企業はすべてを正しく行うが故に失敗する」という主題で、業界トップ企業が顧客の意見を聞き入れ、新技術への投資を行っても、技術や市場構造の破壊的な変化に直面すると、市場のリーダーシップを失ってしまう現象について、初めて明確な解決策を提供しています。

著者であるクリステンセン教授が提唱した「破壊的イノベーションの法則」は、その内容の信じがたさにも関わらず、明確な事例分析を通じて説明されており、これにより米国のビジネスマンの間で大きなムーブメントが生まれました。

この改訂版では、時代の変化に基づく情報の更新と、破壊的イノベーションに対応するための組織作りに関する新たな章が追加されています。

この本は、経営者やビジネスマンにとって貴重な知識を提供し、組織が破壊的な変化に対応するための戦略を考える上で役立つでしょう。

レビュー

・この本は20年以上前の著者でありながら、内容は今でも新鮮であり、優良企業が持続的イノベーションを追求するが故に破壊的イノベーションに駆逐されるという衝撃の事実が具体的な事例とデータで裏付けられています。また、市場調査やマーケティング計画だけでは破壊的イノベーションに対応できないことも指摘されており、今の日本企業にとって示唆に富む一冊であると感じました。

・この本を通じて、スマートホンによって多くのものが置き換えられている現在の状況を理解できました。

・破壊的イノベーションを提唱したこの本は、自身のビジネスに対して非常に考えさせられるものであり、刺激的な一冊です。企業経営者にはぜひ読んでほしいと思います。

・この本は改善を続けるうちに過剰スペックになり、後発の適度なスペックの新商品に負けるという現象について気づかされる内容であり、読んでよかったと感じました。

・この本はディープな事例検討と分析設計に重点を置いており、巧みなグラフの軸を設定する能力を身につけたいと思いました。

・この本は企業が顧客対応に一生懸命になるが、その結果衰退してしまうという内容です。衰退を避けるためには、全く異なる視点からサービスを提供する必要がありますが、それを実現できる企業はほとんど存在しないという現実が描かれています。

・この本では、成功体験を持つ企業が新機軸に適応できないという問題が取り上げられています。成功した企業は既存技術を巧みに拡大発展させることができますが、新機軸には適応できず、その結果衰退してしまいます。


イノベーションのジレンマ