イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ


イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ

クレイトン・クリステンセン教授の著書『イノベーションのジレンマ』など多くの名著を持つ技術経営の大家が、人生のジレンマを乗り越えるためのアドバイスをまとめた1冊です。本書は、クリステンセン教授が自身の経験を通じて得た人生訓や経営戦略を、キャリア選択、人間関係、子育てなど、人生のさまざまな領域に応用する方法を示しています。

クリステンセン教授は2007年に心臓発作、2年後にガン(悪性腫瘍)、そして2010年には脳卒中で倒れました。本書では、彼が抗がん剤治療によって髪を失いながらも、最後の授業で何を伝えたかについても触れられています。本書は、クリステンセン教授の論文「HOW WILL YOU MEASURE YOUR LIFE?」(HBSに掲載)が基になっており、HBS史上最もダウンロードされた論文として知られています。

この本は、単なる成功例の列挙ではなく、理論的なアプローチ、特に経営学の理論を通じて、幸せな人生を送るための考え方を示してくれます。さらに、本書が優れている点は、人生に真剣に向き合い、自分自身を変えるための勇気を鼓舞してくれることです。

推薦の声には、「凡百の人生指南書が過去の成功例を並べるだけであるのと違い、本書は理論、しかも経営学の理論を、キャリア選択や人間関係、子育てなどに応用することにより、幸せな人生を送るためにはどのような考え方をすれば良いかを示してくれる」という内容があります。

また、「もっと若い頃に読んでおきたかった」「良い経営理論が企業の経営戦略に役立つことは理解していた。しかし、職業の選択、生きる目標の確立、子どもの教育、家庭のマネジメントなど、これほど人生のさまざまな分野に応用できるとは考えもしていませんでした」という感想もあります。

さらに、「複雑な現実からパターンを見抜き、理論にまで高める。クリステンセン教授のよくするところは、彼の名人芸が『人生の罠とその避け方』にまで至ることです。人生を豊かにするための考えるツールを示してくれる本書は、まさに経営学理論のイノベーションに違いありません」といったコメントも寄せられています。

他にも、「ハーバード・ビジネススクールで最も人気の高いクリステンセン教授の最後の授業。経営理論と自らの経験に基づき、「生きる」ことの本質に迫る。富や名声ではなく、身近な人の幸せや自らの信念こそが、人生を賭ける価値があると説く本書は、より豊かな生き方を目指す学生や社会人の心を揺さぶるはずだ」というコメントもあります。

この本は、クリステンセン教授がビジネスにおける経営理論を通じて人生について語る最後のメッセージです。豊かな人生を送るための経営学の原則が、ビジネスだけでなく個人の人生においても賢明な意思決定の道標となることでしょう。本書を読むことで、満足感に満ちた幸せな人生を実現するために自らが取るべき行動が明確になるでしょう。

レビュー

・幸せな人生を考える上での価値観や親子関係についての示唆に共感し、スッキリ読み終えることができた。仕事に打ち込むことと家族のバランスについて再考する必要があると感じた。

・ビジネスの成功・失敗体験を自分の人生に当てはめ、何が本当に大切なのかを考えさせられた。家族との関係に資源を投資することの重要性や子どもたちが学ぶ準備ができたときにそばにいる必要性を感じた。

・経営学を人生の選択に応用する試みであり、信仰心や家族のプライオリティに焦点が当てられていると感じた。筆者との距離感が形成され、信念を持って人生に向き合う必要性について考えさせられた。

・仕事の本質的な意義を見出すための示唆に富んだ内容であり、ビジネススキルを人生を豊かにするために応用することの重要性を感じた。著者の教授の人柄や病気を克服して伝えたいという意志に感銘を受けた。

・若い世代に特におすすめしたい本であり、ビジネスと家庭の両方を学ぶことができる道標であると感じた。自分の人生の意義を考えるきっかけになる素晴らしい内容であると述べている。

・「ジョブ理論」よりも面白く、人間の人生への洞察がより深く書かれていると感じた。ビジネスの成功や失敗に関する洞察が人生全体に適用されており、著者の洞察力に感銘を受けた。

・大学生の就職活動に悩んでいる人に特におすすめの一冊であり、幸せなキャリアや家族との関係について考えるきっかけを与えると述べている。就活生がファーストキャリアを選ぶ際に幸せを重視する視点が必要であると感じた。


イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ