スタートアップ――起業の実践論 ~ベンチャーキャピタリストが紐解く 成功の原則

スタートアップ――起業の実践論 ~ベンチャーキャピタリストが紐解く 成功の原則


スタートアップ――起業の実践論 ~ベンチャーキャピタリストが紐解く 成功の原則

新時代を切り拓くためのスタートアップ指南書!起業家やプレ起業家に向けて、本書はベンチャーキャピタルの視点から多くの問いに答えるために作られました。具体的な実践例として、上場や未上場の起業家のエピソードを通じて、スタートアップに出資や支援をする立場からの客観的な視点も交えて考察しています。

この指南書は大きく3つの章に分かれています。

(前編)課題の発見/仮説の検証/資金調達
(中編)マーケティングと集客/起業の原体験とビジョン/採用と組織づくり
(後編)事業成長の機会とリスク/IPOを実現するために

<章構成>
ステージ1:課題発見〜事業の核となるアイデアを見つける
ステージ2:仮説検証〜アイデアを洗練させ、事業に昇華する
ステージ3:資金調達〜重要なポイントと投資先の選択

ステージ4:マーケティングと集客〜戦略に基づいた施策とブランディング
ステージ5:起業の原体験とビジョン〜ミッション/バリュー/ビジョンが会社の基盤を形作る
ステージ6:採用と組織づくり〜非連続な成長のための戦略とメンバー配置

ステージ7:事業成長の機会とリスク〜成長を実現するために重要なポイント
ステージ8:IPOを実現するために〜上場のプロセスと事業拡大

この指南書では、スタートアップ起業は長く過酷な自転車レースに似ていると述べられています。各ステージが厳しい壁であり、それらを乗り越えてゴールを目指す必要があります。しかし、この本を通じてスタートアップ起業の全体像を体系的に学ぶだけでなく、実際の起業家のストーリーを追体験することで、自身の起業や成長のイメージをより明確に描くことができます。

この本は以下のような方に特におすすめです。

スタートアップ起業を志している人
スタートアップで働きたい、もしくは協力したいと考えている人
企業内で新規事業の立ち上げを考えている人
起業したが壁にぶつかっている人
この指南書を通じて、あなたのスタートアップの旅をサポートし、成功への道を切り拓く助けとなることを願っています。

レビュー

Hityさん:スタートアップの学びが分かりやすくまとめられており、特に初期の立ち上げからIPOまでのフェーズごとの課題やアドバイスが参考になると評価されています。

吉田和樹さん:豊富な事例があり、起業に関わるフレームワークとして使える教科書と評されています。投資家の視点や実際の起業家の体験談も豊富でわかりやすく、起業に必要な知識を体系的に学ぶことができるとのことです。

auさん:リアルな起業家のエピソードが盛り込まれており、投資家の客観的な視点から解説されているため、スタートアップ転職や就職前の見極めにも最適だと評価されています。

阿部洋さん:スタートアップの各場面での論点を投資家視点、コンサル視点、成功している起業家の体験談から解説しており、スタートアップに関わる人にとって非常に役立つ本と評されています。

tayさん:一流のスタートアップやVCの知識が詰まった一作として評価されています。起業家やスタートアップに興味のある人には必読の書とされています。

AHさん:起業家のノウハウが詰まった一冊であり、投資家やコンサルタントの視点も取り入れられていると評価されています。起業や経営に興味のある人におすすめの本とされています。

MNさん:わかりやすい表現でスラスラと読み進められる内容であり、スタートアップの世界観を投資家と起業家の視点から読み解けると評価されています。スタートアップを考えている人や関わっている人にオススメされています。

スタートアップ――起業の実践論 ~ベンチャーキャピタリストが紐解く 成功の原則
スタートアップ――起業の実践論 ~ベンチャーキャピタリストが紐解く 成功の原則

この本に関連する本