チーズはどこへ消えた?


チーズはどこへ消えた?

「チーズはどこへ消えた?」は、世界中のビジネスマンに大きな影響を与えています。ストーリーの中には、迷路に住む2匹のネズミと2人の小人が登場します。彼らは迷路をさまよいながら、チーズを見つけます。チーズは、ただの食べ物ではなく、私たちが人生で追い求めるものを象徴するシンボルです。

しかし、ある日、彼らが食べていたチーズが突然消えてしまいます。ネズミたちは、本能に従ってすぐに新しいチーズを探しに行きます。しかし、小人たちは、チーズが戻ってくる可能性があるという無駄な期待にとらわれ、現状分析にとらわれています。

やがて、一人の小人が新しいチーズを探す旅に出る決断をします。この物語は、単純なストーリーに託して、状況が変化した場合にどのように対処するかを示しています。

この書籍は、多くの大手企業が社員教育に採用し、世界中でベストセラーとなっています。状況変化への対応を説いたビジネス書としてだけでなく、人生のさまざまな局面を象徴した生き方の本としても多くの人に読まれています。

この本を読めば、あなたの人生が確実に変わることでしょう!

レビュー

・この本は、悲観や憤慨するよりも、変化を望むことや理想を描くことの大切さを示しています。社会人だけでなく中高生にも読んでほしいと思います。

・20年ぶりくらいに読み返して、改めて考えさせられました。この本は決断のきっかけや、悩んだときに後押ししてくれるような内容であり、人生の岐路に立たされたときに役立つ一冊です。

・この本は、変化が起きることを認識し、それに対してどう行動するかを考えさせてくれる良い本だと感じました。コロナ禍で不可抗力を経験した人にも重なる部分があるかもしれません。

・この本は何度も繰り返し読みたくなる一冊です。ストーリーの中にある「変わることに対して恐怖を感じなかったら?」という考え方から、自分の本当に求めているものを探ることや、他にも多くのことを学ぶことができます。

・この本は、「今ある幸せはいつか消えてしまうもの」という大切なメッセージがあるものの、現実に当てはめて考えることが困難で説得力に欠けると感じました。物語風で読みやすくはあるものの、想像力豊かな人に向いているかもしれません。


チーズはどこへ消えた?