リーダーの仮面 ── 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法


リーダーの仮面 ── 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法

リーダーシップ書で異例の大ヒット 45万部突破!!
2021年〜2022年、最も売れたリーダーシップ書!!

◎2年連続、年間ベストセラーにランクイン! (6位、ビジネス部門、日販調べ)
◎管理職の「ホンネとタテマエ」を言語化した、マネジメント書の決定版。
◎リモートワークとも相性抜群の「これからの組織論」!!
◎全国で3500社以上が導入した、いま最も人を成長させるマネジメント法「識学」を公開。
「識学」とは、組織内の誤解や錯覚がどのように発生し、どのように解決できるか、その方法を明らかにした学問です。
2019年度に新規で上場した会社のうち、7社が識学を導入しており、「いま、最も会社を成長させる組織論だ」と、口コミで爆発的に伸びています。

この本は、そんな識学のメソッドを元に、「若手リーダー」に向けてマネジメントのノウハウを伝えるものです。
初めて部下やスタッフを持つような人、いわゆる「中間管理職」を想定しています。

最初のリーダーの失敗は、その後のキャリアにおいても、課長の失敗、部長の失敗、社長の失敗、フリーランスの失敗、創業者の失敗へとつながります。
なので、本書の内容は、人の上に立つ立場の人であれば、誰しもが気づきを得られるものになっています。

レビュー

Amazon カスタマーさん
このレビューでは、自身がマネージャーになってからもプレイヤー気質が強く、そのために本書を読み始めたことが述べられています。部下にも本書を読むように進めており、役に立つと思われているようです。このレビューには、プレイヤー気質の持つ課題やリーダーシップの重要性に関する洞察が示されています。

ka2oさん
このレビューでは、リーダーに求められる厳しさと受け入れるべきリーダーの本質について学べたと述べられています。一見冷たく感じられる指示やルールの重要性や、結果的にチーム成果につながり感謝されることについて言及されています。このレビューでは、本書の内容を深く読み込み、実践しようとする姿勢が伺えます。

Daisuke Fukaseさん
このレビューでは、この本の中で論理が通っており、マネージャーに必要な要素がまとまっていると評価されています。しかし、過去の経験や研修とは異なる考え方も示されているため、自身で考えて本質を見極めたいと述べられています。

蕨野 凌汐さん
このレビューでは、的確な指摘やスキルアップに向けた良い提案をしてくれる一冊と評価されています。同出版社の他の作品にも興味を持ったようです。

Goさん
このレビューでは、経営者が管理者育成時に使える言葉が盛りだくさんであり、自身にとって大変参考になったと述べられています。

Hola!さん
このレビューでは、管理職として目標や業務遂行について考える際に役立つ感覚を学べたと述べられています。ただし、影響が大きいために言葉で表すよりも、心や態度で部下に感じさせる程度が良いのではないかとの考えも示されています。

かよさん
このレビューでは、リーダーとしての仮面を被ることの重要性について触れられています。一般的な会社勤めの方を対象にしていると感じたため、他の本も読む予定であることが述べられています。

インドさん
このレビューでは、本の内容は会社によって合う合わないがあると述べられています。参考になることが多いが、本を読むだけではわからないとの意見も示されています。


リーダーの仮面 ── 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法