ロングゲーム 今、自分にとっていちばん意味のあることをするために


ロングゲーム 今、自分にとっていちばん意味のあることをするために

「自分の北極星」を明確にすることは、自分自身にとって重要な価値や目標を定義し、それを基準にして選択を行うことを意味します。これによって、忙しい日常や一時的な成果にとらわれずに、長期的な成功や充実感を追求することができます。

ドリー・クラークの日本初単行本は、彼女が世界のトップ50経営思想家の一人に選ばれた経歴を持つ新進気鋭の経営思想家です。この本は、目まぐるしい現代社会で長期的な成功を収めるためのコンセプトと戦略を学ぶことができるものです。

この本は、以下のような方におすすめされています:

転職やリタイアを考えている人
「人生100年時代」という言葉に不安を感じている人
目の前の仕事に追われていて、将来に不安を感じているビジネスマンやプロフェッショナル
スケジュールが埋まっているだけで、本当に成功や達成感を得られているのか疑問を感じている人
本当に意味のある人生を送りたいと思っている人
お金だけでなく、本物の成功を手に入れたいと思っている人

この本は、人生の長期戦略の重要性や立て方について触れています。情報技術の進化により、私たちは日々忙しく過ごしていますが、この本を通じて、目先の利益にとらわれずに長期的な目標を設定することの重要性や、新しいことに挑戦する意義、戦略的なレバレッジの活用方法などを学ぶことができます。また、信念や失敗の再定義についても探求されています。

多くの読者からは、この本が役に立ったという声が寄せられています。人生の長期戦略や目標に対するアプローチ方法を学べたり、先人の考えを参考にできたりしたと評価されています。

なお、この本はメンタリストDaiGoさんのYouTubeチャンネルで「年始に読むと人生変わる本TOP5」の第1位として紹介されました(2023/01/02)。

この本を通じて、自分自身の「北極星」を明確にし、長期的な成功や充実感を追求するための道筋を見つけることができるかもしれません。

レビュー

SHARPさん:
この本の結論は、人生は長いようで短いということであり、ロングゲームを生き抜くためには「余白」を持ち、明確なゴール設定が不可欠であると述べています。目先の仕事だけでなく、本当にしたいことに近い物事を見つけ、自分のペースで生きることが重要です。また、この本を読むことで定期的にモチベーションをコントロールしているというレビュアーもおり、目標に向かって進んでいる中でやる気が出ない日があるため、本を読んでコントロールしていると述べています。

井村周嗣さん:
このレビュアーは、時間の使い方を再考するきっかけとなり、何度も読み込む必要があると感じました。また、この本を読むことで自己啓発に共感できる部分が多くあり、参考になると述べています。

TAK1225さん:
このレビュアーは、DAIGOが推薦していることに期待していたが、具体例が多く提示されているため、何を言いたいのか理解しづらいと感じました。また、アメリカのやり方と日本のギャップも指摘されており、自分から行動しなければ何も始まらないということが重要であると述べています。

Kota Shimazakiさん:
このレビュアーは、アメリカの自己啓発本でお馴染みの事例が多く出てくるが、それが日本のビジネスマンには当てはまらないと感じました。一部の人には参考になる内容もあるが、大量にこの手の本を読んでいる人には当たり前のことが書かれているように感じられると述べています。

ゆうさん:
このレビュアーは、この本には大切なことが多く書かれていると感じました。一度読んでみることをおすすめしています。

マックスハーラーさん:
このレビュアーは、この本がベストセラーになるほどの内容かどうか疑問を持っており、長期的な目標を立てて人生を過ごすことが提唱されているだけだと感じました。

Tonchiさん:
このレビュアーは、ビジネスにぴったりな本であり、プラトーからの脱却に役立つと述べています。


ロングゲーム 今、自分にとっていちばん意味のあることをするために