失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織


失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織

だから人は、同じ過ちを繰り返す――。
英タイムズも絶賛! 22カ国刊行の世界的ベストセラー、ついに日本上陸 !

なぜ、「10人に1人が医療ミス」の実態は改善されないのか ?
なぜ、燃料切れで墜落したパイロットは警告を「無視」したのか ?
なぜ、検察はDNA鑑定で無実でも「有罪」と言い張るのか ?
オックスフォード大を首席で卒業した異才のジャーナリストが、
医療業界、航空業界、グローバル企業、プロスポーツリームなど、あらゆる業界を横断し、失敗の構造を解き明かす !

レビュー

「失敗を気楽に出せるような雰囲気作りの大切さが、よくわかりました。失敗の隠蔽は、医療系の介護業界でも、見られることだと思います。」

「やる気や勇気を充電したい時に、また読み返そうと思う本です。」

「それを実際の仕事や教育の場で実行するのはなかなか難しい。まずは結果を率直に受け入れることと同時にチャレンジを奨励することが大切なのだと理解した。」

「失敗することは恥ではなく、新たな発展、また自身の成長につながるヒントである。それを素直に認め、失敗を受け入れることが最大の価値だとこの本を読んで感じた。」

「失敗から学ぶ方がいいのはわかっていたけど、自分の中でその方法と理由が理解できました。」

「『失敗、批判を受け入れることが重要であること』誰もがわかっていながら難しい。組織としてなら尚更です。この本は、なぜそうなるのか?どうする事で克服できるのかを、組織的観点と個人的観点で解説してくれています。自分自身、自分の所属する組織に失敗から学ぶ姿勢を取り入れたいなら一度読んでみる事をお勧めします。」

「さながらサスペンス映画を観ているような感覚でハラハラドキドキしながら読み進められるのがこの本の最大の特徴。航空業界が失敗に対して前向きで健全な姿勢があったのに対し、医療業界では失敗を隠蔽する体質があることが明らかになりました。また、失敗を将来に活かすためには『やり抜く力』が重要であり、失敗を諦めるきっかけにしないことが強調されています。」


失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織