成功への情熱


成功への情熱

この本は、人生や仕事で成功するための普遍的な哲学を説いたロングセラーで、クロス表紙の文庫サイズで発刊されました。本書は、座右の書にぴったりの趣を持ち、人間としての本質について考えるための貴重な一冊となっています。

著者は、人間とは何か、人生とはいかにあるべきか、人間として何が正しいのかといった重要な問いについて考え、洋の東西を問わず人間の本質は同じであると信じています。そのため、本書は世界中で読まれており、多くの人々に影響を与えてきました。

本書は、1990年に京セラが買収したアメリカの電子部品メーカーAVX社の幹部との勉強会をペースに、著者の経営哲学を平易に語ったものです。当初、著者の考えに否定的だったアメリカ人たちも、著者の哲学を理解するようになり、経営に活かすことができるようになりました。その結果、AVX社の業績は飛躍的に伸び、1995年にはニューヨーク株式市場に再上場を果たすことができました。すなわち、「人間として正しいことを追求すれば、人間は自ずと成功する」という著者の哲学が、アメリカでも実証されたのです。

本書は、誰にとっても有益なアドバイスや啓示を提供するものであり、多くの人々が愛読しています。人間としての本質について深く考えたい人や、仕事や経営において成功を目指す人にとって、必読の書と言えます。

レビュー

・「無私」を基盤にした経営哲学やリーダーシップについて、説得力のある言葉で書かれた本であり、経営者やリーダーにとって勉強になる内容が詰まっている。また、単なる自己啓発本ではなく、実践的なアドバイスや具体的な事例も紹介されており、何度も読み返して取り入れたいと感じる。

・稲盛さんの教えは心に沁み、信念の深さや情熱に憧れを感じる。何度も読み返して自分を正したいと思える1冊である。

・新しく事業を始める人に最適な本であり、走り出すきっかけになる刺激を受けることができた。

・リーダー以上の方が読むと良い内容が盛りだくさんで、社会人としての基本を再認識させてくれる。ただ、自己犠牲が必要な点が多く、楽して成功することはできないということを改めて感じる。

・経営哲学やリーダーシップについての具体的なアドバイスがあり、ためになる一冊である。


成功への情熱