新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ


新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ

自由な人生を誰もが願う。国、会社、家族に依存せず生きるには経済的独立すなわち十分な資産が必要だ。1億円の資産保有を経済的独立とすれば欧米や日本では特別な才は要らず勤勉と倹約それに共稼ぎで目標に到達する。黄金の羽根とは制度の歪みがもたらす幸運のこと。手に入れると大きな利益を得る。誰でもできる「人生の利益の最大化」とその方法。

レビュー

「この本は、ライフハックの様な甘い本ではなく、リスクを背負った者達の闘い方が書かれている本だった。甘い考えで読むのではなく、サバイバル術と心得て欲しいなと最後に思わせる本でした。」

「日本の税金と社会保険制度について詳しく説明し、それらの支払いを最小限に抑える方法を紹介する。マイクロ企業を始めることを勧める。本の一部で説教めいた調子が好きではなかったが、自分自身でビジネスをやってみたくなるような興味深い内容だった。」

「数学的な論証が多く、数字が苦手な人には厳しいかもしれない。古い本だが、副業や複業に興味がある人にとって、2023年に読んでも勉強になると思う。」

「『知識社会』では、情報を的確に入手し、それを活用する知識を有している人が近道を得られる。オープンな社会では情報が公平に共有されるが、教えてくれる人はいない。だから、この本を読んでお金の勉強をしっかりしよう。」

「お金に関する話がよくまとまっていて、信頼できる内容だった。ただ、どうやってお金を稼ぐかについては曖昧で、読んでもお金持ちにはなれそうにない。」

「この本で税理士の資格について勉強し、税理士選びのポイントになった。内容も面白かった。」

「情報を主動的に取りに行き、行動することがお金持ちになるために必要だということを主張している。節税方法などが使えるかはわからないが、実際に必要になったら自分で調べるつもりだ。黄金の羽根を探しに行こうと決意した。」


新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ