新1分間マネジャー


新1分間マネジャー

「新1分間マネジャー」は、世界中で1500万部以上も売れた大ベストセラーであり、上司や管理職のバイブルとして多くの人々に愛されてきました。行動科学と精神医学の研究に基づき、目標の立て方や部下の褒め方、そして間違いを正す方法を通して、抜群の成果を上げることができるようになります。

このシリーズは累計で世界2100万部以上も売れ、アップル、マイクロソフト、ツィッター、ベライゾン、ナビスコ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、コカ・コーラ、ケンタッキーフライドチキン、ウォルマート、HP、AT&T、ロッキード・マーティン、そしてハーバード大学やコーネル大学、米陸海空軍など多くの企業や組織での成果が報告されています。

この上司のための教科書は、30年以上にわたって世界中で読まれてきましたが、今回、生まれ変わった「新1分間マネジャー」は、どんな手法を使っているのでしょうか。この本は、「1分間目標」「1分間称賛」「1分間修正」という3つの秘訣を通して、部下のやる気を高め、自発的に動ける社員に変えることができます。また、寓話形式で書かれているため、短時間で簡単に理解することができます。

レビュー

「シンプルで普遍的な内容で、オンラインでも有効な手段だと感じた。新任マネージャーにお勧めしたい本」

「この手法で組織をマネジメントすれば、組織は変わると思う。明日から実践できるチームを変える方法が知れる本」

「どう実現するかを考えながら読んだ。物語があり読みやすい。良いチームマネジメント書だが、補完が必要」

「会話ベースで理解しやすく、各章の要点もまとめ表記で記憶しやすい」

「マネジメントに必要な要素がシンプルに記載されているが、内容の重複が多いのでもう少しコンパクトにできたと思う」

「総じて、良質なチームマネジメント書だが、一方で歴史的な背景や網羅性にかける。経営心理学や過去の統計情報と合わせて読むことをお勧めする」

「無駄な飲み会や無駄な会議で信頼を築くのは違う。短時間でマネジメントする方法が具体的に説明され、面白かった」

「大変シンプルでポイントまとまっており納得感も得られるストーリーだった。赤児の成長を見守るように辛抱強く寄り添うことが大切だと感じた」


新1分間マネジャー