新1分間リーダーシップ


新1分間リーダーシップ

1985年にアメリカと日本で出版され、世界中の企業の管理職研修で利用される基本テキストとして、30年近くにわたって愛用されてきた書籍が、現代のリーダーシップに合わせて使いやすく、実践的な内容に改訂されました。改訂版では、より効果的なリーダーシップを実現するために、以下のような主な変更点が加えられています。

まず、1980年代には「上から下への指導」が重視されていましたが、現代では部下だけでなく上司や同僚にも影響を与えることが重要視されています。そのため、リーダーシップの重要なポイントが変化しました。

また、目標設定に関するSMARTの手法においては、測定可能性(Mesurable)から動機づけ(Motivating)に変更され、チームメンバーが楽しんで目標を達成できるようになることが強調されています。さらに、SMARTのチェックリストも追加され、目標が正しく設定されているかどうかを確認することが可能になりました。

部下の発達レベルに合わせた「スタイル導入」の方法や、目標設定とその達成に向けた「6種類の対話」など、具体的なツールも追加され、より実践的な内容になりました。

さらに、状況対応型リーダーのスキルについては、「目標設定・診断・マッチング」に変更され、特に部下の発達レベルに合わせた「マッチング」が重視されています。

そして、『新1分間マネジャー』における秘訣のうち、「1分間叱責」が「1分間修正」に変更されたことにも対応しています。

レビュー

「リーダーシップの形は様々で、新しい価値観に沿ったリーダーシップが必要」

「物語風で読みやすく、SL理論などで多くの学びがあった」

「現代版でレビューが記入できないが、前作から変わらない状況対応リーダーシップのガイド本として有用」

「部下の能力と意欲にあわせて、異なる4タイプのリーダーシップスキルを用いる具体的な方法が示されている。職場のみならず家庭の子育てにも使える」

「もともと好きだった本が更にパワーアップして、読みやすく実践的な内容になっている。おすすめの本」

「職場だけでなく家庭の子育てにも使える具体的なリーダーシップ論が示されており、興味深い内容だった」

「業務遂行計画を作り、毎日のコーチングのカウンセリング、そして業績評価という実践的な方法が示されている」

「前作から変わらない状況対応リーダーシップのガイド本として有用であり、物語風で読みやすい工夫がなされている」


新1分間リーダーシップ