米中覇権戦争で加速する世界秩序の再編 日本経済復活への新シナリオ


米中覇権戦争で加速する世界秩序の再編 日本経済復活への新シナリオ

この文章では、米中覇権戦争が進行している中で、世界のマネーが日本に集まっていくという予測が述べられています。米国は中国の台頭に対抗するために対中包囲網を築き、中国は共産党の右傾化が進んでいます。この背景を踏まえて、本書では新進気鋭のエコノミストが2021年の地政学を考察し、投資戦略を提案しています。

本書の目次には、以下のような内容が含まれています。

Phase1: バイデン政権の世界目標を読み解く
Phase2: 中国の覇権主義と習近平の役割
Phase3: 脱炭素社会への移行とエネルギーミックスの見直し
Phase4: 半導体戦争の行方と日本の半導体産業の復活
Phase5: 日本経済の復活とその理由
Phase6: 株式市場の展望を『会社四季報2021年夏号』から考察する
この本では、これらのテーマを通じて、新たな米中の覇権争いにおける重要な分野である半導体、脱炭素、鉄鋼、EVなどについて詳細に解説しています。

著者は日本経済が新冷戦の開始によって大いに復活し、世界が日本を見習う時代が訪れると予測しています。日本はアジアの金融・貿易ハブとして栄え、世界の富と頭脳が日本に集まるとされています。

ただし、この文章は一部の人の予測や意見を反映しており、現実の状況と異なる場合もあります。

レビュー

・サイン入りの古本でありながら、丁寧に読まれていて綺麗な状態だった。エミン・ユルマズ氏のサインがついていて嬉しかった。

・新型コロナウイルスや世界の諸問題について分析しても、一寸先は闇であり、予測が難しいと感じた。

・期待して購入したが、内容に深みがなく、あまり新しい情報ではなかった。ただし、4人の人には役に立ったと評価されている。

・トルコ系日本人の著者による日本経済の復活シナリオを語る一冊。中国やアメリカの問題を想定しながら、日本経済と株式市場の将来に期待ができると感じた。

・中国との対比や米国に対する歴史的なアドバンテージなど、世界基準で日本のポテンシャルを解説しており、読み応えがあった。

・エミンさんの預言者のような的中率の高さに触れつつ、オールドメディアに毒されて自信を失っている日本人に希望を与える一冊として推薦している。

・違った視点から必要なデータを含んだ本である。

・分量は少なめであるが、明るい未来についての展望は今の日本人にとって重要な要素だと感じた。


米中覇権戦争で加速する世界秩序の再編 日本経済復活への新シナリオ