迷路の外には何がある? ――『チーズはどこへ消えた?』その後の物語


迷路の外には何がある? ――『チーズはどこへ消えた?』その後の物語

日本で400万部、全世界で累計2800万部突破したAmazon史上最大の大ベストセラー『チーズはどこへ消えた』の待望の続編『迷路の外には何がある?』がついに登場しました。

この続編は、アメリカ・ビジネス界のカリスマが、死を前に書き記した傑作です。彼が世界中の老若男女、誰もが“幸せになれる”という最後のメッセージを残したものです。

この本には、うまくいかない原因は自分の努力が足りないからだという考え方や、過去の成功例に則ったほうが結局うまくいくというアドバイスなど、多くの人々が抱える悩みに対する答えが詰まっています。

しかし、これらのことを知っていても、なかなか次の一歩を踏み出せないという人々もいるでしょう。今までのやり方を変えることに怖さを感じたり、培ってきた信念を曲げたら自分を捨てるのと同じだと感じる人々もいるかもしれません。

この物語は、そんな人々のために書かれたものです。変化が訪れるとき、しかし、変わることは簡単ではありません。この物語は、変化に対する恐怖や不安、そして葛藤を抱える人々が、自分自身と向き合い、自分自身を変えていく過程を描いたものです。

この続編は、先代の著者が残したメッセージを受け継ぎ、より深い洞察と示唆を与えてくれます。また、多くの人々が抱える悩みに対する具体的なアドバイスや、変化を乗り越えるためのヒントも提供しています。

レビュー

「人類の半数以上がヘムなのだ。そんな人がいてもいいと私は思う。誰もがヘムにはなれないし、ホープのような存在に出会うとこなど奇跡に近いのだ。」

「読みやすいし頭にも入ってきやすい」

「良くできたビジネス書だと思います。トライする大事さがわかります。」

「自分の考えていることは案外、迷路の中にはなくてその迷路を出る必要があるのかもしれない。自分の信念を変えることは怖いことかもしれないけれど、ずっと過去の自分にしがみついていてもいけないなと思いました。」

「ルーティンから外れた行動をとる。その時、どうなるか?新しい一歩が、貴方を、新しい世界へと、いざなう。」

「続編を期待し、4としました。」

「背景の違う状況下で、同じような環境変化に対峙した時、どのような心境や行動に変化をもたらすのか、知りたい」

「目からウロコものの内容です。」

「未知の世界は未知だから怖く感じるのです。ぜんさくとおなじく、イラストも含めかわいらしくさらっとページも少なめですが、内容は深く引き込まれますのですぐ読破可能です。」


迷路の外には何がある? ――『チーズはどこへ消えた?』その後の物語