頂きはどこにある?


頂きはどこにある?

勝間和代さんのおすすめとして紹介される、全米で希望を与えたベストセラー『チーズはどこへ消えた?』の著者に、現在の経済危機に向けて新たなメッセージを届ける本についてお話しいただきました。

この本は『チーズはどこへ消えた?』同様、寓話風の物語が中心になっています。原題は “Peaks and Valleys”、つまり「山と谷」を意味します。「人生は山あり谷あり」という言葉がありますが、この本ではそんな単純なたとえ話ではなく、自分の思い通りに仕事と人生の「山」と「谷」をコントロールするためのスキルに満ちた考え方が語られています。本書は、「谷」から抜け出す方法や「山」にとどまるための秘訣を教えるものであり、驚きと感動の読書体験を約束しています。この本は、頂点を見失っているビジネスマンに新たな世界を開く知恵を贈る、今年最大の話題作となるでしょう。

本人からのメッセージでは、日本の皆さんに感謝の気持ちが述べられています。彼の最初の著作『1分間マネジャー』は1980年代の不況時に発表され、『チーズはどこへ消えた?』は90年代末のIT革命が生活に大きな変化をもたらそうとする時期に発売されました。そして、現在世界中で多くの人々が困難な状況に直面している中で、『頂きはどこにある?』が出版されたのです。

『頂きはどこにある?』は、20年にわたって仕事や人生でより良い目標を持ち、それを達成する方法を模索し熟考した結果生まれた作品です。彼は多くの疑問を提起し、議論を重ねて一つの物語を作り上げました。この本が皆さんの生き方に役立つヒントとなることを期待しています。

そして何よりも、日本で生きる皆さんが仕事や人生の浮き沈みに対処する際に、この本を価値あるものとして活用していただけることを願っています。

レビュー

・人生の山と谷に出くわした時の取り組み方が重要であり、山で得た見識や行動がその後を分ける。

・谷を山に変えるためには、出来事を変えることは難しくても、真実を受け入れて受け取り方を変えることでプラスな体験に変えることができる。

・谷に出くわす予感がある時は、具体的なビジョンを思い浮かべてそれに向かって進んでいく試みが役立つ。

・一気読みできるほど読みやすく、物語以外の話もあるため理解しやすくなる。

・読んでいてスッキリとした感じがあり、気づきが多かった。参考にする価値があると思われる。

・難解な部分もあるが、読み進めるとイメージが浮かんできて、新しい思考で人生を送りたいと感じた。

・谷底から山に至らず平地にいる状況で、恐怖心と戦いながら試行錯誤し、この本に出会ったことが新たな一歩につながるかもしれないと期待を感じた。


頂きはどこにある?