AI 2041 人工知能が変える20年後の未来


AI 2041 人工知能が変える20年後の未来

この本は、人工知能学者で元GAFAのトップだった著者が最先端のAI技術について解説し、鬼才のSF作家がストーリーを通してビジュアライズした、20年後の世界を描いた本です。

AI保険が個人の生活を深層学習で分析し、恋愛相手まで決めるようになる一方、パンデミック対応でAI医療が発達し、非接触型社会への移行が進むという描写もあります。また、完全自動運転とスマートシティの発展が進む中で、課題も浮き彫りになります。

没入型VRがエンタメを一変させ、東京がメタバース聖地になる一方、バーチャルAI教師が子どもを教育し、才能を開花させるという描写もあります。しかし、量子コンピュータが発達し、AI兵器が人類存亡の危機を招く可能性もあるという警鐘が鳴らされます。

幸福の定義が変わり、経済モデルも全く新しいものになるという、重要なテーマも扱われています。

この本は、深層学習、未来予測、自然言語処理、AI教育、ディープフェイク、自動運転、VR/AR/MR、メタバース、量子コンピュータ、仮想通貨、ブロックチェーン、AI兵器、幸福感、消える職業・生まれる職業、ベーシックインカムなど、様々なテーマを網羅しています。

この本は、ビジネスパーソンが生き残るために必要な、「SF的ビジネス教養書」として誕生しました。また、Amazon USのベストノンフィクションにピックアップされ、全米ベストセラーとなっています。マイクロソフトCEOのサティア・ナデラ氏や、『三体』の作者である劉慈欣氏からも絶賛され、ウォールストリートジャーナル、ワシントンポスト、フィナンシャルタイムズなどから年間ベストブック3冠を達成しました。未来予測本の決定版として、日本でも注目を集めています。

レビュー

「冷静な分析と予測を通して、AIに対する恐怖心を正しく理解できる素晴らしい本だ。AIの得意なことや苦手なこと、そして仕事やキャリアについても詳しく解説されており、著者の公平で実利的なアプローチが感じられる。そして、人間が理想を描き、決断して行動し、責任を取ることができることを強調している点が印象的だ。」

「このSF小説は、現実に起こりそうな未来を描いたもので、AIの弱点や問題点についても詳しく解説している。AIが収益に最適化し、人間の幸福を考慮しない点や、深層学習が説明不能である点、デジタルのものはすべて偽造の可能性がある点などが挙げられる。しかし、この本は、人間の哲学的な特性が未来を変えることも示唆しており、希望を持っている姿勢が爽やかで良かった。」

「SF小説として面白く読める一方で、現実に起こりそうな未来についても考察している点が魅力的だ。しかし、AIの判断に従ってしまう人々が多くなり、自分自身で判断する欲求が失われる可能性があるという点にも警鐘を鳴らしている。人間は何のために生きるのか、哲学的な問いにも触れている。」

「SFフィクションではあるが、過渡期IT企業が多い状況下でのアイデアや現実に近い未来予測が多く、事業の過渡期の多い業界に対して希望を残してくれた。また、ポジティブな姿勢が爽やかであり、SF小説からアイデアを実用化することができることも示唆している点が良かった。」

「本書のSF小説は読みやすく、AIが人類の課題にどう向き合っているか考えさせられた。ポジティブなトーンが感じられる。」

「AIができること、人間にしかできないことがわかり、倫理と哲学の書でもある。必読の書!」

「小説はワンパターンなしょうもない話が連続していたが、解説パートはためになる。」

「SFと解説が10章サンドイッチで読みにくかった。SFとAI解説書を分けた方が良かった。」


AI 2041 人工知能が変える20年後の未来