イノベーションへの解


イノベーションへの解

『イノベーションのジレンマ』第2弾!企業がイノベートし続けるための鍵がここにある!

カバーの新装版は、『イノベーションのジレンマ 増補改訂版』(弊社刊)で、日本版の刊行20周年を記念して発売されました。内容は変更されていません(2021年10月追記)。

前作で説明された通り、利益を最大化させるための資源配分メカニズムが、特定の状況下では最良の企業を滅ぼすことがあります。

この本では、新しい事業を予測どおりに発展させる立場にあるマネージャーに対して、指針を提供しています。

収益を生み出す成長事業を構築することは非常に重要なテーマです。そのため、この本では、成長を生み出すためにマネージャーが意思決定を行う際に焦点を絞り、九つの重要な決定について説明しています。

これらの決定は、イノベーションのブラック・ボックスの中で成功するために重要な役割を果たします。

レビュー

「Good text book for building new innovations!」
この本は新しいイノベーションを構築するための良いテキストブックです。役に立ちました。

「ひどい翻訳」
翻訳のレベルが理解不能なほどひどかったです。原書を読んだ人たちには好評のようですが、非常に残念です。

「猿のごとく読み、人のごとく考える・その203・196冊目」
イノベーションのジレンマの理解を基に、破壊的な創造に取り組む必要性や、理論的な考え方について述べています。実例と考察の深さから、この本が提供する価値は大きいと感じました。

「イノベーションのジレンマに比べて衝撃度は弱くても価値ある一冊」
イノベーションのジレンマに比べて衝撃は少なかったですが、ゆっくりと復習しながら新たな知見を得ることができました。ただ、翻訳の用語には問題がありました。

「早い!」
注文後、予定よりも早く届きました。ゆっくりと読むことができ、ありがとうございました。

「モノの見方」
イノベーションシリーズの中で一番好きです。知識のレベルが変わると、この本の読み方も変わるので、数年に一度取り出して読むと面白いです。

「ローエンド型破壊で終わらなかったのがGood」
新しい市場型破壊を発表しており、前作同様に作者の優れた思考力が光っています。

「イノベーションのジレンマに比べて難しい」
イノベーションのジレンマに比べて理解が難しかったです。ジレンマの方がシンプルで実践的だと感じます。


イノベーションへの解