才能の科学;人と組織の可能性を解放し、飛躍的に成長させる方法


才能の科学;人と組織の可能性を解放し、飛躍的に成長させる方法

【世界的ベストセラー『失敗の科学』『多様性の科学』著者の原点!】

ビジネス、学問、スポーツ、芸術…「才能がない」と諦める前に、人の能力は後天的に伸ばせるのです!

マシュー・サイド氏は、オックスフォード大学で首席卒業し、2度のオリンピック出場を果たした一流アスリートです。彼は数多くの科学的研究と考察に基づき、人と組織の成長の法則を導き出しました。

この本では、以下のような疑問に答えます:
・なぜ鈍い反射神経の持ち主が地球最速の選手になれたのでしょうか?
・なぜ平凡なレジ係が「人間計算機」との暗算勝負に勝てたのでしょうか?
・なぜ能力の高い人だけを採用した大企業は崩壊したのでしょうか?

加速習得、目的性訓練、フィードバックループ、成長マインドセット、二重思考、知覚の構造変化など、優れた成果を出すために「生まれつきの才能」よりも重要な要素が存在することが示されます。

『非才!』は、ベストセラー作家マシュー・サイドの処女作であり、待望の復刊となります。

レビュー

・この本は、才能について興味深くわかりやすく解説しています。遺伝子による才能論を否定し、科学的な知見をもとにしています。著者自身がトップのアスリートになる経験から、トップのアスリートには努力や遺伝子以外にも何かがあることに気づいたそうです。本書は才能を言い訳にしないための参考になります。

・この本は示唆に富んでおり、膨大な考察から書かれた情熱に感謝しています。内容が濃いため、解説を先に読んで趣旨を理解することをおすすめします。

・この本では、黒人選手が陸上競技で活躍する理由について言及されています。遺伝的要因以外にも発現プロセスが関与していることが確かめられており、DNA配列に還元されないエピジェネティックな要素が重要だとされています。

・本書は最高の仮説提供本であり、才能は訓練の成果であるという仮説を科学的に証明しています。ただし、以前に読んだことがあるような感覚があり、詳細は忘れてしまったため、星は5つではなく4つにしました。

・出版日が2022年6月となっており、著者の新作と勘違いして読んでしまったとのことです。2010年の処女作であり、現在の科学的知見と整合性が取れない部分もあるため、注意が必要だと述べています。

・この本は才能に関する類書であまり言及されていない話題も取り上げており、内容が濃いと評価されています。訳者の解説では最近の動向も触れられており、バランスの取れた良い解説だと称賛されています。

・ノート作成に紙の本を利用し、繰り返し熟読する必要があると述べています。メモ書きの紙の本を通じて理解を深めるために、紙の本を選んだそうです。


才能の科学;人と組織の可能性を解放し、飛躍的に成長させる方法