世界インフレ時代の経済指標


世界インフレ時代の経済指標

この本は、日本人に対してデフレ経済への適応について警鐘を鳴らしています。過去30年間のデフレ経済により、人々の思考がデフレに慣れすぎてしまったと指摘しており、今後のインフレ時代に対応するためにはデフレ的な発想では不十分であると述べています。

現在、私たちが直面している経済や社会は、物価や原材料の高騰、サプライチェーンの混乱、金利の上昇など、大きな変化に直面しており、先行きが不透明であると述べられています。政治的な対立や戦争が金融相場だけでなく、私たちの日常生活にも「インフレ」という形で影響を及ぼしていると指摘されています。

このような状況下で、正確な現状把握と未来予測の手がかりとして「経済指標」が重要であると述べられています。経済指標を知ることで、景気変動に左右されずに資産を守り、確実に増やすことができるとされています。この本では、投資家や金融機関が参考にするオーソドックスな指標や、指標を読み解く際に役立つ「複合指数」、景気を把握する上で重要な企業などが解説されています。

この本は、投資家やグローバルビジネスに関わる人だけでなく、経済を学びたい人々を対象としており、経済の解釈の指針として役立つ一冊となっています。内容は以下のようになっています:

第1章:重要な経済指標は何か?それをどのように読み解き、活用するか?
第2章:絶対に押さえておくべきアメリカの12の経済指標
第3章:景気複合指数と他の国の経済指標
第4章:景気を把握する手がかりとなる企業
第5章:コモディティ(商品)と景気の関係
第6章:投資も仕事も人生も。デフレ脳からインフレ脳への転換

レビュー

まだカスタマーレビューはありません


世界インフレ時代の経済指標

この本に関連する本