行動経済学が最強の学問である


行動経済学が最強の学問である

ビジネスパーソンにとって、行動経済学は非常に重要な学問です。その影響力はますます強まっており、世界のビジネス界でも注目されています。実際、今では有名なトップ企業が「行動経済学を学んだ人材」を求めて激しい争奪戦を展開しています。人材の獲得には何千万円もの資金が動き、企業内には「行動経済学チーム」まで組織されています。

このような要請を受けて、世界の一流大学が次々と「行動経済学部」を新設し始めているのも事実です。MBAのように、多くのビジネスパーソンが行動経済学を学ぶために集まっています。

行動経済学は、もはや「ビジネスパーソンが最も身につけるべき教養」となっています。しかし、この学問は比較的新しいため、体系化されるまでには至っていませんでした。これまでは理論を一つ一つ丸暗記するしかなく、「本質」をつかむのは難しい状況でした。

そこで本書では、基礎知識を押さえた上で、行動経済学の「主要理論」を初めて体系的に解説します。具体的には、「ナッジ理論」「システム1vsシステム2」「プロスペクト理論」から始め、「身体的認知」「アフェクト」「不確実性理論」「パワー・オブ・ビコーズ」までを取り上げます。

この本は、これまでにない手法で行動経済学を解説しており、行動経済学に関心を持つビジネスパーソンにとって非常に役立つでしょう。

【目次】
■プロローグ いま世界のビジネスエリートがこぞって学ぶのが「行動経済学」
■ 序 章  本書といわゆる「行動経済学入門」の違い
■ 第1章  認知のクセ――脳の「認知のクセ」が人の意思決定に影響する
■ 第2章  状況――置かれた「状況」が人の意思決定に影響する
■ 第3章  感情――その時の「感情」が人の意思決定に影響する
■エピローグ あなたの「日常を取り巻く」行動経済学

レビュー

Life long learnerさん
イギリスの大学院で行動科学を専攻した経験を持つレビュアーは、この本が行動経済学とは何かを明確にまとめてくれており、大変勉強になったと述べています。日本語訳がわかりやすく、身近な例え話も多く使われていることに感銘を受けました。日常生活に役立つヒントが満載であり、著者の研究と実践によってこの学問がわかりやすく体系化されていることを高く評価しています。

黒川雅さん
この本は初学者が迷わずに行動経済学を学べるように丁寧に教えてくれると評価されています。

Amazon カスタマーさん
行動経済学の魅力と実用性が分かりやすく解説されており、主要な理論が体系的に紹介されています。また、この学問が日常生活やビジネスに応用できることも触れられているため、非常に役立つ知識を得ることができると述べています。

Bingomamboさん
行動経済学というと難解な印象があるが、この本では経済活動と人間の心理との密接な関係をわかりやすく説明しており、面白さを感じたとコメントしています。日常生活や仕事においてもこのメカニズムを理解することで得をすることができると感じました。

けんさん
行動経済学に関する理論が一つ一つ丁寧に説明されており、ビジネスで実用的に活用できる知識を得ることができると評価されています。また、著者の熱意が伝わり、数式の使用がなく文系の人でも読みやすいと述べられています。

ジョージさん
行動経済学については以前から学んでいたが、この本では体系化されており、認知のクセ、状況、感情の要素に分けて整理されているため、本質的に理解できたと述べています。


行動経済学が最強の学問である

この本に関連する本