言ってはいけない 残酷すぎる真実


言ってはいけない 残酷すぎる真実

人間は幸福になるために生きているとされますが、現実には幸福になるためにデザインされているわけではありません。社会には、平等であるとか、努力すれば報われるとか、見た目は問題ではないといった美辞麗句があふれていますが、これらは残念ながら現実とは異なるものです。遺伝や見た目、教育、性などに関する不愉快な現実を直視する必要があります。

努力は遺伝に勝てないということが言われていますが、これは遺伝にまつわるタブーの一つです。遺伝が持つ影響力は大きく、知能や学歴、年収、犯罪癖などにも影響を与えます。知能に関しても、努力では補えない部分があり、遺伝によって大きく決まることが最近の研究から明らかになっています。

知識社会で勝ち抜くためには、遺伝的な要因も重要な役割を果たします。同じ環境で育っても、遺伝子の影響によって成功する人とそうでない人がいます。また、進化がもたらす残酷な事件も、遺伝子の影響を受けて発生している可能性があります。反社会的人間も、遺伝子によって生まれる場合があることが分かっています。

また、容貌による格差もあまりにも残酷なものです。見た目によって人生が決まるといっても過言ではありません。美人とそうでない人の間には、生涯で3600万円もの格差が存在するとされています。男女平等の影響で、女性の幸福が妨げられているという指摘もあります。結婚相手選びなどにおいても、美貌が重要な役割を果たすことが多いです。

子育てや教育も、子どもの成長にはあまり関係がないという残酷な真実があります。遺伝子と環境の影響力が大きく、親がどんなに一所懸命頑張っても、子どもの将来に大きな影響を与えることはできません。また、子どもの遺伝子によって、教育の成果が大きく左右されることもあります。

レビュー

「ある程度納得できた。参考文献があって楽しく読めた。」

「普段は白い目で見られるような問題について、過去の研究を元に説明され、非常に納得感がある内容だった。最後まで一気に読めた。」

「遺伝的な影響は大きいが、生後の環境も相当大きいと思う。自己存在に絶望してはいけないと思う。人生に遺伝が半ば決定するという論調には不快感があった。」

「普通。」

「遺伝が人生に大きな影響を与えていることは分かっていたが、ここまでとは思っていなかった。また、子供の発達は親の教育よりも、周りの友達関係が大切であることを知れてよかった。」

「口には出せないけど、なんとなくそうなんだろうなと思っていたことが、データとして明示され、明確になっていく。不都合な人もいれば不愉快になる人もいるだろうが、人として生きていくために知っておくべきことだと思う。」

「遺伝子の章に疑問があるが、全体的には良かった。」

「とても興味深い内容で、怖いけど本質を知っているのと知らないのでは大違いだと分かった。」


言ってはいけない 残酷すぎる真実