ユーモアは最強の武器である: スタンフォード大学ビジネススクール人気講義


ユーモアは最強の武器である: スタンフォード大学ビジネススクール人気講義

『ユーモアの力:ビジネスと人生における創造性と成果を引き出す』は、日本企業が直面している問題に対してユーモアが解決策となることを主張した書籍です。この本はエリック・シュミット(Google元CEO)やティム・ブラウン(IDEO会長)によって絶賛され、『フィナンシャル・タイムズ』によって推薦され、全米でベストセラーとなりました。

本書が伝える事実や要点は以下の通りです:

クリエイティブな企業(アップル、ピクサー、グーグルなど)は、ユーモアを非常に重要視している。
ユーモアを持つ人は知的で有能であり、親しみやすい印象を与える。
ユーモアのある職場は創造性や生産性が高い。
ユーモアは心理的安全性をもたらし、失敗を恐れずに挑戦する文化を醸成する。
ユーモアは思考を柔軟にし、クリエイティブな解決策を生み出すことができる。
ユーモアはつながりや信頼を育み、ストレスや逆境を乗り越える力となる。
ユーモアは生まれつきの才能ではなく、習得可能なスキルである。
プロのコメディアンのテクニックからもユーモアを学ぶことができる。
4つのユーモア・タイプのうち、自分がどのタイプかを知ることで、ユーモアをより効果的に活用することができる。
不適切なジョークを避け、ユーモアの失敗から立ち直る方法についても解説されている。

この本はビジネスや人生のあらゆる場面でユーモアが力となることを示しており、魔法のような存在とも表現されています。ユーモアは恐怖心や尊大さを払拭し、創造性やレジリエンスを育むものとされています。また、シリアスなビジネス環境や現代の厳しい社会において、ユーモアが必要不可欠であり、人間らしさを解き放つ力を持っているとも述べられています。

レビュー

コギソ二十九樹さん
「ユーモアは最強の武器である: スタンフォード大学ビジネススクール人気講義」は、ビジネスやリーダーシップにおいてユーモアの重要性を解説した一冊で、読みやすく分かりやすい内容となっている。著者のジェニファー・アクスリーはスタンフォード大学の講師であり、ビジネスシーンにおけるユーモアの効果や使い方について具体的に説明している。ただし、一般的な笑い話や軽いユーモアに対する解説は少なめであり、期待する内容と異なる場合もあるかもしれない。

タカハシさん
アクティブな活動に適した一冊と感じた。

モンステラさん
ユーモアを持つことで毎日楽しく過ごせる。

西山誠悟さん
本書では、ユーモアのロジックに関して納得できる解説がある一方、日本で通用するのか疑問もある。しかし、ユーモアの重要性を考察するための内容であり、実践的なテクニック本ではない。

板さん
ユーモアが題材とされることは、ユーモアの減少を意味するのかもしれない。職場では真面目さが重視され、笑顔やユーモアが制限されることもあるが、緊張状態が続くのは異常であり、ユーモアは練習や準備によって身につけることができる。ユーモアを通じて人生を楽しむためには、自分からユーモアを出していくことが重要であり、本書から学ぶべきだと感じた。

Meisakuさん
ユーモアはコミュニケーションや解釈に適度に取り入れることで状況改善やパフォーマンス向上につながる。ユーモアの使い方や効果についての解説があり、ビジネスだけでなく、どんな分野でも応用できるヒントを得られる。

Amazonカスタマーさん
ビジネスにフォーカスした内容だが、応用範囲は広く、どんな場面でも活用できるヒントとなる。緊張感の中で小さな一歩を踏み出すための勇気を与える手段としてのユーモアが示唆されている。


ユーモアは最強の武器である: スタンフォード大学ビジネススクール人気講義

あなたにおすすめの本