瞬時に「言語化できる人」が、うまくいく。


瞬時に「言語化できる人」が、うまくいく。

「仕事ができる人」とは、「瞬時に言語化できる人」と言えます。

多くの人が「言いたいことが、うまく言葉にできない……」と悩んでいます。例えば、会議で「どう思う?」と聞かれてもうまく答えられないことや、面接でその会社への「思い」をうまく言葉にできないこと、また企画書を作成する際に「ぼんやりとしたイメージ」はあるのにいい言葉が思いつかないことなどが挙げられます。

本書は、こうした「思いをうまく言葉にできない……」と悩むビジネスパーソンに向けて、「言語化力」を鍛えるメソッドを伝えるものです。

そのメソッドとは、頭に思い浮かんだことをA4一枚のメモに次々と書いていくだけの非常にシンプルなトレーニングです。ただし、制限時間内の1枚2分で素早く書くことが求められます。そして、毎日の習慣として1日3枚のメモを書くようにします。

すると、いつでも必要なときに必要な言葉が「瞬時に」出てくるようになるのです。

本書では、その「瞬時に言語化できる」能力を身につけるための方法を詳しく解説しています。また、世界三大広告賞を含む20以上のアワードを受賞した電通のトップコピーライターが独自のメソッドを初公開しています。

レビュー

ちゅんさん
思っていることを言語化してストックしていく方法について解説している本。トレーニングを続けることで言語化力が養える可能性を感じた。自分の関心のあるトピックを溜めておいて実践してみる予定。

Amazonnさん
内容は「0秒思考」と同じであり、初めてこの手の本を読む人にはおすすめ。役に立った。

Amazon カスタマーさん
本書は「何を言うか」が大事であると主張しており、自分の感じたことを深掘りして言語化することでオリジナリティを持った意見に磨かれると述べている。日常の習慣としてトレーニング法を実践することを考えている。

アレクサシリシリさん
「0秒思考」と同じ内容だが、なぜ言語化が重要なのかが分かりやすくシンプルに説明されている。思考を深堀りしてコミュニケーションの向上に役立てると感じた。

リュウさん
トレーニングできる良い本であり、実践できるという点が良い。ただ読んで終わりではなく、実際にトレーニングして人生に役立てたいと思う。

Amazonカスタマーさん
子育てに没頭していたためコミュニケーション能力が低下していたが、この本を読んで自己表現の習慣を取り戻したいと思った。具体的なシチュエーションが提示されており、トレーニング方法も実践的であり共感できる。

Akさん
感情を文字化することにフォーカスし、具体的なトレーニング方法がある点が良いと感じた。ただ画期的な内容ではないと思う。

bayanfcさん
言語化力を養うためにはトレーニングが必要であり、日頃から考えるクセを付けることが重要だと述べている。


瞬時に「言語化できる人」が、うまくいく。

この本に関連する本