解像度を上げる――曖昧な思考を明晰にする「深さ・広さ・構造・時間」の4視点と行動法


解像度を上げる――曖昧な思考を明晰にする「深さ・広さ・構造・時間」の4視点と行動法

「ふわっとしている」「既視感がある」「ピンとこない」
誰かにそう言われたら。言いたくなったら。

解像度が高い人は、どう情報を集め、なにを思考し、いかに行動しているのか。

スタートアップの現場発。2021年SpeakerDeckで最も見られたスライド、待望の書籍化!

レビュー

Kyonさん: この本は思考術のマニュアルであり、思考するための基礎的な内容が網羅されています。読んでいるうちに新しいアイディアが湧いてきました。私の結論は、明確な目標を持ち、良質な情報を体系化してインプットし続けることが重要だと感じました。

AZさん: この本は意味はわかるが、具体的にする必要があるということを伝えています。ただし、具体的でない情報や範囲のあいまいなものは適切ではないと感じました。また、海外ではこの表現が平凡すぎると突っ込まれる可能性があると指摘しています。

ゆうさん: 目的が明確でなければ失敗するという重要性を学ぶことができる本です。一度読んでみることをおすすめします。

yasuさん: オーソドックスな内容でありながら、まとまりが良いと感じました。目新しい発見はないかもしれませんが、読みやすくなっています。

Amazon カスタマーさん: この本はスタートアップの指南書の体裁をとっていますが、良く生きるための自己評価に役立つ内容です。著者の思いが伝わる良書であり、他の著作も読んでみたいと思っています。

泉さん: 解像度の重要性と上げ方が体系的にまとめられています。ページ数は多いですが、わかりやすく読み進めることができます。

Yam9さん: 仕事術をまとめて視覚化した視点が興味深いです。当たり前の基本動作でも、言語化された形で読むと新鮮さを感じます。

takahiroさん: わかりやすく、難易度も適切な内容です。2023年のベストビジネス本になると思います。


解像度を上げる――曖昧な思考を明晰にする「深さ・広さ・構造・時間」の4視点と行動法

あなたにおすすめの本